So-net無料ブログ作成

今週の「バカは死ね」/「金メダルフィーバー」バカ [Archives]

またしばらくブログの「放置プレイ」が続いた。
so-net blogがクソ重いのもさるコトながら、
風邪がなかなか治らねえのだ。

何しろダルい体でボーッとテレビ見てると、
いろんなモノが歪んだカタチで見えてくる。

    

トリノ五輪で日本全国に感動をもたらした
荒川静香の金メダルフィーバーも…

    

別の「フィーバー」にうなされてる俺には、
場末のストリッパーに見えてきちまうのだぁ。

根っからスポーツ嫌いの俺ではあるけれど、
この妙な違和感の正体は一体何なんだ?

先日も荒川のライバル、スルツカヤの転倒を
喜んだのが不謹慎だとか何とかって話で、
文部科学相がお詫びの談話を余儀なくされたり。

立場ある人間の放言のマヌケさはともかく、
そこに品性の下劣さを見出して批判するのも
何か違う気がする。

だってホントは、日本中の誰もがスポ根ドラマ風
味付けのB級メロドラマを楽しんでただけじゃん?

スポーツマンってそれほど高尚な存在かぁ?
確かに目標に向かって汗を流してる人間は、
努力と根性のカタマリみてえに見える。

でもラグビー部員がレイプやらかすコトもあれば、
タバコ吸って捕まった駒大苫小牧の野球部員も、
少なくとも品行方正じゃねーだろ?

選手は単純に「面白い」からスポーツに打ち込み、
見る人間は「見てて面白い」から見てるだけ。
本来そこには「道徳」や「モラル」は介在しない。
高尚さを持ち出すのは勝手な思いこみだ。

つまりスポーツは基本的に「見せ物」なのであり、
殊に絵ヅラから言って「フィギュアスケート」は
「曲芸」の要素が強い。
しかも人気の秘密は、ぶっちゃけ「エロス」だ。

    

だってこんな体位したり、パンチラ見せちゃったり…

    

安藤美姫の大股開きやら剃り跡を妄想させる
ワキの下とかこの上なくイカガワシイ。

    

浅田真央なんか「幼児ポルノ」みてえだ。
一応「スポーツ」としての体裁を取ってはいるけど、
本質は「大道芸」で、猥雑さに漲ってる。

事実、トリノ五輪開幕前、フィギュア人気をここまで
盛り上げた立役者は安藤と浅田だ。
「エロス」という「隠し味」が視聴者の脳の中枢神経を
刺激したからこそ目を惹き付けたのだ。

一応断っとくけど、これは「フロイト的性抑圧理論」の
過剰な振りかざしでもなければ、熱にうなされた俺の
変態性欲的妄想の表明でもない。

人間の脳には、いわゆる「フェチ」的な魅力を放つ
絵ヅラに惹き付けられずにはいられない「本能」が
「先天的に刷り込まれてる」気がするのだ。

なぜそー思うかと言えば、今までさんざんテレビ
番組を作ってきた経験から「不特定多数の視聴者
を惹き付ける絵ヅラ」と、そうでない絵ヅラの差を
数字でまざまざと見せつけられてきたからだ。

その中でも「フェチ」的な魅力を発散する絵ヅラは
確実に視聴率を取る。例えば「性欲」と並ぶ人間の
根源的欲求「食欲」を引き合いに説明すると…

  

お上品な高級フランス料理にソフトフォーカスとか
かけて、どれだけ綺麗に撮影しようとも…

視聴率で肉汁したたるハンバーグにゃ敵わねえ。
「したたる肉汁」という「フェティッシュ」な絵ヅラが
(広告業界ではコレを「シズル感」と表現するけど)
本能的に視聴者の目に止まるのだ。

    

フィギュアスケートもどことなくそれとよく似てる。
殊に五輪開幕前、安藤美姫が絵ヅラ的にあれほど
フィーチャーされたのは、彼女がおよそアスリート
とは思えない「プニプニ」体型の持ち主だからだ。

仮に俺が「彼女を食べたい」と言ったとしても…

ハンニバル スペシャルプライス版

ハンニバル スペシャルプライス版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2003/01/21
  • メディア: DVD

別に「ハニバル・レクター博士」じゃなくても、
大半の人間には「全く理解不能」じゃねーだろ?
実際、野郎どもが比喩的に「あの女食った」とか
言ったりするのも、偶然じゃないと思う。

何というか? 感覚的にしか表現できねえのだが、
要は安藤美姫って「上品な内装の高級レストランに
なぜか一品だけ出てきた大衆食堂のハンバーグ」
だったのだ。

「綺麗だがクール」なフレンチの中にまぎれ込んだ
「したたる肉汁」の下世話さ、いかがわしさこそが、
フィギュア人気爆発の起爆剤だったのだ。

ちなみにそれで言うと、安藤美姫の最大の失敗は
競技の失敗ウンヌン以前に衣装にある。

    

「アカデミー最優秀衣装賞」を受賞したワダエミが
デザインしたコスチュームは、安藤美姫の魅力を
ことごとく殺してた。

腋の下も見えなけりゃ、プニプニした二の腕まで
覆い隠されちまってる。大衆食堂のハンバーグを
むりやり高級フレンチに仕立てちまった感じ。

競技が終わった途端に、まさに「国辱扱い」される
まで人気が急降下したのもこの衣装のせいだ。

確かに演技は生彩を欠き、4回転ジャンプも失敗。
でもそれは「後付けの理由」に過ぎない。

選手の映え方は衣装にも大きく左右される。
いかに採点基準が厳格と言っても、「芸術性」が
求められる競技の性質上、審査員の採点は主観的
でしかあり得ねえのだから。

テレビの前の視聴者だって、ホントはプニプニの
二の腕やワキの下を下品に露出したエロス全開の
ミキティが見たくてたまらなかったのだ。

ところが、この「見せ物」としての下世話な興味は
いつの間にか「スポーツマンの高尚さ」を全面的に
押し出す荒川賛美の論調にスリ代わっちまって、
挙げ句には支持率ジリ貧の首相が国民栄誉賞を
乱発する始末。

勿論、それはメディアが演出したものでもあるけど、
視聴者もある意味、都合良く、そう思いたがってる
ように俺には見えてくる。

ホントは下世話に「エロ曲芸」を楽しんでた無意識
の罪悪感を、都合良く払拭したいだけじゃねーの?
だからことさら「スポーツマンシップの素晴らしさ」
なんかを持ち出して、「転んだスルツカヤを喜ぶ」
ナチュラルな感情を否定したがるんじゃねーの?

大体オリンピックのメダルなんかカネで買えるのだ。
特に冬季五輪は、カネを惜しまず選手を育成すりゃ
夏季五輪よりメダルを買える可能性は高い。

だってウィンタースポーツは道具揃えるのもカネが
かかるから、身体能力では圧倒的に有利なハズの
アフリカ系の選手は殆ど出られない。

要は先進諸国の高貴なお遊び。
そこへ「黄色い成金バナナ」がシャシャリ出てきて
場を荒らすモンだから、あれこれルール改正して
締めだそうとされてるのが現状。

ホントに凄いのは、その不利な状況でカネにモノ
言わせて金メダル取ってる「日本経済の実力」だ。

    

事実、最近の冬季五輪で日本人のメダルラッシュ
があったのは長野五輪ぐらいだが、
これだってウィンタースポーツに力を入れてた
「世界一の脱税王」堤義明が、地元開催だからと
大枚はたいて選手を育成してくれたおかげ。

そして荒川静香も「プリンスホテル」所属。
「脱税バブル」の恩恵の名残だ。
つまり金メダルって「脱税の賜物」?
「マネーロンダリングの正の効果」ってコト?

小泉も、荒川より堤義明に感謝しなきゃダメだ。
「日本の手柄」みてえな顔して賞賛してるけど、
そもそも政府は何一つ力を貸してねーのだから。

そしてどいつもこいつも「金メダルフィーバー」の
錯覚に酔いしれつつ、テメエの品性の下劣さは
都合よく忘れ去っちまってる。

どーやら「フィーバー」でボーッとしてアタマが
回らなくなってるのは、俺だけじゃねーらしい。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(4) 

nice! 2

コメント 3

銀鏡反応

長野オリンピックのメダル連発が「黄色い成金バナナ」の一角である堤一族の深謀にあるとしたら、美しいスポーツマンシップ幻想なぞ一瞬で吹っ飛ばされてしまう。まあオリンピックに限らず、スポーツマンシップなんて美しく飾られた幻想に過ぎない。カネと権力が渦巻いているスポーツシーンの裏側。これから行なわれようとしているワールドカップでもその裏では何億、何兆ユーロといった箆棒な金額の金が裏で動いているかわからない。まさにろくでもない世界だ。
ワールドカップでも日本ナショナルチームが活躍するという甘い期待がなされているが、格差社会に入る日本は、もう「黄色い成金バナナ」としての資格がなくなり、カネの力にものを言わせてワールドワイドなスポーツシーンで活躍することは(どのジャンルでも)なくなっていくだろう。格差社会と言う名の21世紀版カースト制度のなかで、富める者は益々富み、貧しき者は益々貧しくなり、ろくな教育も受けられず、一生貧乏のままで生き抜くことを余儀なくされる。そんな時代になった時、日本のスポーツシーンがどうなって行くのかみものである。意外に下流社会からハングリー精神に溢れる奴が出て来て、ゆるいスポーツシーンに活を入れたりして。
by 銀鏡反応 (2006-04-09 16:04) 

クロヒコ

はじめまして。
こちらの記事を参照させていただきました。
「エロ曲芸」。まさにその通りですね。
フィギュアスケートの女子のエロ衣装は、絶対に譲れない様式なんでしょうね。
王様は裸だっ!
by クロヒコ (2006-04-12 21:17) 

petrosmiki

長らく返事が遅れて失礼。

>「銀鏡反応」氏へ
スポーツネタだと気がつくともう既に
殆ど忘れられつつあるWBCネタとかも
書こうと思ってたのだが時期を逸した。
またW杯の時期にでも書くとする。

>「クロヒコ」氏へ
俺も素直に「新たなるエロの地平」に
そちらが到達できるよう祈る。
by petrosmiki (2006-04-17 16:48) 

トラックバック 4